CRDB

薬品輸入管理弁法

 

国家食品薬品監督管理局令 4

 

薬品輸入管理弁法は、国家食品薬品監督管理局、中華人民共和国税関総署の審議により可決され、公布し、200411日より施行する。

 

国家食品薬品監督管理局 局長: 鄭筱萸

中華人民共和国税関総署 署長: 牟新生

2003818

 

薬品輸入理弁法

 

目 録

第1章 総 則

第2章 輸入記録

3章 港検査

章 監督管理

5 附 則

 

第1章 総 則

 

1 薬品の輸入記録、通関及び港検査業務を規範化し、かつ、輸入薬品の品質を保証するため、「薬品管理法」、「税関法」、「薬品管理法実施条例」及び関連する法律·法規の規定に基づき、この弁法を制定する。

 

第2条 薬品の輸入記録、通関、港検査及び輸入には、この弁法を適用する。

 

第3条 薬品については、必ず国務院の承認に係る、薬品輸入が許可された港を経て輸入しなければならない。

 

第4条 この弁法において「輸入記録」とは、薬品輸入が許可された港所在地の薬品監督管理部門(以下「港薬品監督管理局」という。)に対し輸入単位が「輸入薬品通関書」手続を申請する過程をいう。「麻酔薬品及び精神薬品の輸入記録」とは、輸入単位が港薬品監督管理局に対し「輸入薬品港検査通知書」手続を申請する過程をいう。 

 

 ・・・・・・

 ・・・・・・

 ・・・・・・

 

                  

こちらのコンテンツ全文の閲覧には会員登録が必要です。 こちらのコンテンツ全文の内容をPDFにて販売しています
新規会員登録をご希望の方はこちらから PDFファイルのご購入をご希望の方はこちらから
既に会員登録されている方は一旦トップページに戻りログインして下さい PDFファイルのご購入に関するお問い合わせはこちらから

 

 

 

 

 

 
< 前へ   次へ >