CRDB

Home arrow ニュース&トピックス一覧 arrow 2022年10月1日より、新たな中国国家化妆品有害事象モニタリングシステムが稼働(22/09/20)

 

2022101日より、新たな中国国家化粧品有害事象モニタリングシステムが稼働

 

中国国家薬品監督管理局は、2022920日、『化粧品監督管理条例』、『化粧品生産経営監督管理弁法』、『化粧品有害事象モニタリング管理弁法』に則り、化粧品の有害事象のモニタリングを強化し,化粧品有害事象報告、分析、評価の効率を改善するため、化粧品有害事象モニタリングシステムをアップグレードし、新システムを 2022 10 1 日から本番稼働させることを発表した。

また、同局は、2022101日から、化粧品登録者、備案者、受託製造者、化粧品事業者、医療機関は、化粧品有害事象を発見した時、国家化粧品有害事象モニタリングシステムを通じて報告しなければならないと規定した。

 

詳細内容に関しては、国家薬品監督管理局の新版国家化粧品有害事象モニタリングシステムの稼働開始に関する通達」(2022年第44号)をご覧ください。

 
次へ >