CRDB

Home arrow 中国における日本製品情報トピックス一覧 arrow NMPAより中国で市販されている50品の不合格化粧品が公布 資生堂の1製品も再び含まれる(22/02/17)

 

NMPAより中国で市販されている50品の不合格化粧品が公布

資生堂の1製品も再び含まれる

 

 217、中国国家薬品監督管理局(NMPA)のインターネットサイトに「国家薬品監督管理局より規定に適合しない50ロット化粧品の通告(2022年第11号)」(以下、同公告と略称)が公布され、2021年における中国化粧品抜き取り検査による50の中国化粧品管理規定に適合しない化粧品リストが公開された。

その中には、上海で水揚げされた日本製輸入化粧品で、標記されている輸入販売会社が資生堂(中国)投資有限公司、中国語化粧品名「安沙水能外清透防晒乳SPF50+·PA+++」(登録許可番号:国J20191238。以下、同製品と略称)という化粧品が含まれ、湖南省郴州市北湖区詩芙麗化粧品店が抜取り検査を受けた業者とされ、湖南省薬品検験検測研究院という検査機構の検査によれば、「登録許可資料の中に記載されている日焼け止め成分を検出できない」という検査結果になったため、「規定に適合しない化粧品情報」リストに載せられている。

ちなみに、前述の「規定に適合しない品情報」の備考欄には、同製品について、「(製品に)表示されている化粧品境内責任者(輸入販売者)が製品の販売を否定している」と書かれている。

上記同製品が中国NMPAより公開された中国規定に適合していない化粧品リストに掲載されるのは、既に2回目となっている。昨年1216NMPAが公布した「国家薬品監督管理局より72ロットの不合格化粧品に関する通告(2021年第101号)」の中にも同製品があったが、不合格の理由はラベル標識と記されていて、不合格製品リストの備考欄に化粧品境内責任者(販売者)が販売を否認しているとのメッセージが表記されている。

上述の同公告により、中国「化粧品監督管理条例」に従い、NMPAは広東省、浙江省の薬品監督管理局に指示を出し、上記50の規定に適合していない化粧品に表示されている登録者、備案者、受託生産企業、境内責任者(販売者)に対して、法に従い立案調査をさせ、関連会社に改善指導を行う。各地方の薬品監督管理部門には上記の50不合格化粧品の販売を即時に停止させ、法規制によって製品入荷記録などを調べ、違法製品の源を追跡、違法行為を見つけた場合には、厳格に調査処分、犯罪に至る場合には、法に従い警察機関に移送すると警告している。

原文確認👇

https://www.nmpa.gov.cn/xxgk/ggtg/qtggtg/hzhpchjgg/hzhpcjgjj/20220217111344166.html

 

 
次へ >