CRDB

Home arrow 中国における日本製品情報トピックス一覧 arrow 2021年度越境ECでの輸入商品の品質安全リスク監測情況が公布、11個の高・中高リスク製品の中で8個は日本製 (21/12/31)

 

2021年度越境ECでの輸入商品の品質安全リスク監測情況が公布、11個の高・中高リスク製品の中で8個は日本製

 

 20211231日、2021年度の税関により行われた越境ECでの輸入消費品の品質安全リスクの監測状況について、中国税関総署に属する商品検査司は中国中央テレビのインタビューに応じて紹介した。

 今回、監測された製品は、主に歯ブラシ、服装、嬰幼児用品、家庭用電器など13類別の越境ECで輸入消費品となった。総計562ロットの製品に抜取検査を行い、その中で、計55ロットの製品は、中国製品規格中の品質安全に関する要件を満たさず、リスク発見率は9.79%に達することが明らかになった。

 リスク評価によって、11ロットの品質安全リスクレベルが高リスク、または中高リスクであることが分かった。その中で、株式会社STBヒグチの3種類の歯ブラシ(360度毛歯ブラシ(乳児~3歳)、ブラシ(3歳以上)、ブラシ(0~3歳))、株式会社赤ちゃんの城の嬰児用の服装、赤すぐの嬰児用服装、ビジュー&ビーのラトル、製薬会社アラクスのPITTAの児童用カラーマスク、及びAreti株式会社のドライヤーの合わせて6社の日本企業の製品が、高リスクまたは中高リスク製品であることを明らかにした。

 中国税関は、関連法規制に従って、リスクのある製品をECサイト上から削除したり、廃棄または返品することを越境電子商務の企業に命じた。

 

 

原文確認👇

https://news.cctv.com/2022/01/02/ARTIMCnVvqNmSUaNpuHMuVbK220102.shtml


 

 
< 前へ   次へ >