CRDB

Home arrow 環境・省エネルギートピックス一覧 arrow 2021年12月26日より ヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)の生産・使用・輸入出が禁止(21/06/08)

 

20211226日より ヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)の生産・使用・輸入出が禁止

 

 202168日、生態環境部弁公庁、工業と情報化部弁公庁、住宅都市農村建設部弁公庁、及び市場監督管理総局弁公庁は共同で、「《残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約》中のHBCDの生産・使用禁止の履行に関する作業の通知」(環弁固体函〔2021237)(以下「本通知」と称する)を公布した。

 「本通知」によって、20211226日より、ヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)の生産、使用及び輸入・輸出が禁止になる。

 ヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)の違法的な生産・販売への監督管理を強化する。各級の生態環境、工業と情報化、市場監督管理部門が共同でその重点的な監督管理企業を確定し、違法でヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)、またはヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)を含有する製品を生産・販売する場合、市場監督管理部門が「製品品質法」、「産業結構調整指導目録」に則り処罰を与えること。

 20211226日より、関連企業の在庫品の廃棄情況について徹底調査を実施する。ヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)の在庫品がある場合、「国家危険廃棄物名録(2021年版)」に従って、危険廃棄物と扱って処置することを企業に促すこと。

 

原文確認👇

http://www.mee.gov.cn/xxgk2018/xxgk/xxgk06/202106/t20210608_836846.html

 

 
< 前へ   次へ >