CRDB

Home arrow 中国における日本製品情報トピックス一覧 arrow インフィニティFX35とFX45の一部輸入自動車が中国で再度リコールに(21/03/24)
インフィニティFX35とFX45の一部輸入自動車が中国で再度リコールに(21/03/24)

 

インフィニティFX35とFX45の一部輸入自動車が中国で再度リコールに

 

 2021323日、国家市場監督管理総局のホームページで、「日産(中国)投資有限公司がインフィニティFX35とFX45の一部の輸入自動車を再度リコールする」とのリコール計画が掲載された。「欠陥自動車製品リコール管理条例」と「欠陥自動車リコール管理条例実施弁法」の要求に従って、日産(中国)投資有限公司が、国家市場監督管理総局にリコール計画を提出した。2021413日より、2007410日~20081017日の間で生産されてインフィニティFX35とFX45の輸入自動車、計3179台をリコールすると明らかにした。

 今回リコールされる自動車は、供給者の製造プロセスにおける助手席のエアバックの気嚢の折り畳み幅が一定していないため、エアバック作動時にガス発生器が発生するガス流路が制限され、エアバックの内圧が異常に上昇してしまう。極端的な高温環境(85)では、エアバックが飛び出す際に圧力が高すぎるので、エアバックが損傷し、所期の乗員保護機能を達成できず、安全上の問題がある。

 日産(中国)投資有限公司は、東風インフィニティ汽車有限公司を通じて、リコールされる車両について改善済のエアバックモジュールを無料で交換して、安全上の問題を回避する。

 今回のリコール計画は、2016816日に公布された「日産(中国)投資有限公司が、インフィニティ輸入自動車と日産・フーガ輸入自動車の一部をリコールする」でリコール中のインフィニティFX35とFX45の二回目リコール事例である。この前のリコール活動で使用される修理部品に新たな欠陥を存在するので、再度交換する必要がある。

 日産(中国)投資有限公司は、東風インフィニティ汽車有限公司を通じて、書留郵便、メッセージ、電話などの方式でユーザーに連絡する。ユーザーは、インフィニティ中国公式サイト(www.infiniti.com.cn)またはホットライン400-890-9090に連絡して関連情報を得ることができる。あるいは、次のウェブサイト(dpac.samr.gov.cnwww.recall.org.cn)に登録して、詳細な情報を確認し、また、欠陥を報告することもできる。

 

 

原文確認👇

http://www.samr.gov.cn/zw/zh/202103/t20210323_327186.html

 

 
< 前へ   次へ >