CRDB

Home arrow ニュース&トピックス一覧 arrow 本田技研工業(中国)投資有限公司がアコード、シーアール-ブイなどの輸入自動車をリコール(20/09/14)

 

本田技研工業(中国)投資有限公司がアコード、シーアール-ブイなどの輸入自動車をリコール

 

2020年9月14日に、本田技研工業(中国)投資有限公司は「欠陥自動車製品リコール管理条例」と「欠陥自動車製品リコール管理条例実施弁法」の要求に従って、国家市場監督管理総局にリコール計画を届出した。1997317日~19991214日の期間で生産されたアコード(ACCORD)、シーアール-ブイ(CR-V)、レジェンド(LEGEND)LOGO、オデッセイ(ODYSSEY)の一部輸入自動車、合計5,918台を、2020914日より回収する。

サブライヤーのエアバックの製造上の欠陥により、今回リコール対象車両の運転席側エアバックの非アジ化ナトリウムを含む気体発生器(NADI)の防湿対策が不十分であるとのこと。使用中に温度・湿度が繰り返し変化する影響を受けて、ガス発生剤が湿って変質する恐れがある。そのため、エアバックが正常的に展開しなかったり、エアバック展開の際にガス発生器が異常な破損でその破片が飛び出し、乗客にけがをさせる可能性がある。

本田技研工業(中国)投資有限公司は、今回リコールされる車両について、問題を解決したエアバックに交換して、安全上の問題を回避する計画である。

本田技術工業(中国)投資有限公司は、(広汽本田汽車有限公司に委託するという形で)、書留または郵便で関連ユーザーに連絡する。ユーザーは、広汽本田汽車有限公司のお客様ホットライン(400-830-8999または800-830-8999〔固定電話より〕)に連絡して関連情報を得ることができる。あるいは、以下のウェブサイト(dpac.samr.gov.cnwww.recall.org.cn)に登録して、詳細な情報を確認し、また、欠陥を報告することもできる。

 

原文確認👇

http://www.samr.gov.cn/zw/zh/202009/t20200911_321603.html

 

 
< 前へ   次へ >