CRDB

Home arrow ニュース&トピックス一覧 arrow 三菱自動車販売(中国)有限公司が一部のランサー、パジェロ、デリカをリコール(20/09/04)

 

三菱自動車販売(中国)有限公司が一部のランサー、パジェロ、デリカをリコール

 

 最近、三菱自動車販売(中国)有限公司は、「欠陥自動車製品リコール管理条例」及び、「欠陥自動車製品リコール管理条例実施弁法」に則り、国家市場監督管理総局にリコール計画を報告した。2020111日より、199648日~1999925日の間に生産されたランサー、パジェロ、デリカの一部、計482台を回収する。

 

 今回リコールされた自動車は、エアバッグにあるアジ化ナトリウムを使わないガス発生器(NADI型)の防湿対策が不十分であるという部品メーカー側の製造不良で、使用中湿度や温度が繰り返し変化する影響を受け、ガス発生剤が湿気で変質する恐れがある。その結果、エアバッグが正常に展開出来なかったり、展開の時ガス発生器の異常な破損で破片が飛び出たりという乗用者に怪我をさせる安全性リスクがある。

三菱自動車販売(中国)有限公司は、リコールされた自動車について、無料で合格品質の他メーカー製ガス発生器と交換して、安全上の問題を回避する。

 

 三菱自動車販売(中国)有限公司は、書留などの方式でユーザーにリコールを連絡する。また、ユーザーは近所のフランチャイザー、または、お客様ホットライン(400-977-93030)に電話して詳細な情報を得ることができる。あるいは、以下のウェブサイト(dpac.samr.gov.cnwww.recall.org.cn)に登録して、詳細な情報を確認し、また、欠陥を報告することもできる。

 

原文確認👇

http://www.recall.org.cn/info.html?key=93153

 

 

 

 

 
< 前へ   次へ >