CRDB

Home arrow ニュース&トピックス一覧 arrow マツダ一部のCX-5が中国でリコールに(19/09/26)

 

マツダ一部のCX5が中国でリコールに

 国家市場監督管理総局の公告により、長安マツダ自動車有限公司は「欠陥自動車製品リコール管理条例」と「欠陥自動車製品リコール管理条例実施弁法」により、国家市場監督管理総局にリコール計画を提出し、20191122日から、対象車のリコールを報告した。
 リコール対象車は201788日~201972日国産の第二代CX-5自動車、計77,112台である。
 リコールする原因は燃料ポンプ芯の内部にあるポンプ車が変形し、周辺の部品に影響を与え、燃料ポンプの機能が失効し、エンジンに正常な給油ができなくなり、極端な場合、車の走行中にエンジンが停止する恐れがあり、安全のスクがあるという。
 長安マツダ自動車有限公司は問題に対し、無料でリコール対象車の相応措置を改正し、隠れた安全上の問題を取り除く予定である。

 
< 前へ   次へ >