CRDB

Home arrow ニュース&トピックス一覧 arrow 化粧品安全技術規範に9項の検測方法を新増(19/03/25)

 

化粧品安全技術規範に9項の検測方法を新増

 

国家薬品監督管理局は「化粧品の中、ホルムアルデヒドの検測方法」、「化粧品用化学原料体外短時間曝露in vitro試験法(STE)」「皮膚感作:局所リンパ節アッセイ:DALLNADA)」「皮膚感作:局所リンパ節アッセイ:BrdU-ELISA「化粧品用化学原料の皮膚感作における直接ペプチド反応性アッセイ(DPRA)」「化粧品の中、カンタニジンと窒素マスタードの検測方法」「化粧品の中、10種のα-ヒドロキ酸の検測方法」「細菌回復突変試験」「催奇形性試験」の9項の検査方法を公布した。前の5項検測方法は新しく、『化粧品安全技術規範(2015)』に入れる。後ろの4項の検測方法は元の検測方法を入替る。

202011日から、化粧品登録・届出及び監督検査に関連する検測は上記検測方法にしなければならい。

 

 
< 前へ   次へ >