CRDB

Home arrow ニュース&トピックス一覧 arrow 市場監督管理総局 税関総署海关总署より強制製品認証を免除することに関する公告(19/03/22)

 

市場監督管理総局 税関総署海关署より強制製品認証を免除することに関する公告

   

2019320日、市場監督管理総局と税関総局は職能配置の関連規定により、強制製品認証作業に関する規定を公布した(201913号)。具体的な内容は下記の通りである:

  1、市場監督管理総局は、強制製品認証制度の実施と監督管理作業を担当する。税関総局は、輸入製品の強制認証製品の検証を担当する。市場監督管理局と税関総局は、強制製品認証証書または照明性文書のオンライン照合、通報と協力メカニズムを確立する。

  22019331日まで、各地の税関は、機構改革前の仕事職能により強制製品認証免除の証明を継続的に審査し、発行する。

  3201941日から、市場監督管理部門は、強制製品認証免除の関連業務を受け継ぐ。

  4、関連する申請会社は、継続的に「CCC免除及び特殊用途輸入製品検査処理管理システム」(http://cccmb.cnca.cn)を使用して関連資料を提出する。関連申請と管理の要求は変わらない。

  5、強制製品認証監督範囲に属し、かつ強制製品認証免除の条件に適合する輸入貨物について、申請会社は、通関前に強制製品認証免除の証明を取得する。

  6、税関は、検証作業中、実際の輸入貨物と強制製品証書あるいは証明文書と一致しない場合、あるいは他の違法・規制違反の状況が存在する場合、『中華人民共和国税関法』と『中華人民共和国輸出入商品検査法』などの関連法律法規の規定に従い措置する。

 
< 前へ   次へ >