CRDB

Home arrow 行政通達・細則 - 医療・衛生 arrow 国家食品薬品監督管理総局が11項目の職能を取り消し・移管

国家食品薬品監督管理総局が11項目の職能を取り消し・移管

 

 中国機構編制サイトは本日(2013年5月15日)、国家食品薬品監督管理総局の主要職責の設置機構と人員編制に関する規定を公布した。「規定」では下記の内容を指摘している:国家食品薬品監督管理総局(正部クラス)(日本の省と相当する。以下は同じ)は国務院直属の機構である;同局は薬品と医療機器品質管理規範の認証職責を取り消し、省クラスの食品薬品監督管理部門へ移管する;薬品再登録および薬品自体に変更がない場合の補足申請行政許可の職責を省クラスの食品薬品監督管理部門に移管する。

 中国政府は第12期全国人民代表大会第1回会議が許可した「国務院機構改革・職能転換案」と「国務院の機構設置に関する通知」(国発〔201314号)により、国家食品薬品監督管理総局(正部クラス)を設立し、国務院の直属機構とした。

 

一、職能の転換

 

 

     ・・・・・・

     ・・・・・・

     ・・・・・・

 

 

こちらのコンテンツ全文の閲覧には会員登録が必要です。 こちらのコンテンツ全文の内容をPDFにて販売しています
新規会員登録をご希望の方はこちらから PDFファイルのご購入をご希望の方はこちらから
既に会員登録されている方は一旦トップページに戻りログインして下さい PDFファイルのご購入に関するお問い合わせはこちらから

 

 
< 前へ   次へ >